NT4.0WS Sound Blaster 16用ドライバ入手&インストール方法

VirtualBoxにWindows NT 4.0 Workstation(以下NT4.0WS)をインストールして遊んでいた際、 音を出すのに苦労したのでその備忘録。

NT4.0WSのインストールディスクを持っている場合は下記手順⑩、⑫~⑭、⑯~⑱のみ。持っていない場合は最初から。




入手方法

メーカー(Creative)のUSサイトへアクセス。
 ※日本のサイトからはダウンロードできなくなっているため。
 ※日本のサイトに飛ばされてしまう場合は、ページ下部の「国 / 地域を変更」で「United States of America」を選択。

②ページ下部の「Technical Support」をクリック。

③「Sound Blaster」をクリック。

④ページ下部「If your product is not listed above, please click here」をクリック。

⑤Others > Sound Blaster 16 を選択し、「Next」をクリック。 

 

⑥Windows NT 4.0 を選択し、「SUBMIT」をクリック。

⑦「SB 16/32, AWE32/64 drivers for Windows NT4.0 (revision 10) 」に変わったら、「Download」をクリック。

⑧「CREATIVE END-USER SOFTWARE LICENSE AGREEMENT」の内容を確認。
問題なければ下の空欄に数式の答えを入力し、「AGREE」をクリック。
「awent40.exe」がダウンロード可能になる。

⑨ダウンロードした「awent40.exe」は自己解凍形式のファイル。
実行すると下記画面が出てくるので、入力欄に解凍先のフォルダパス(任意のフォルダ)を入力し「Unzip」をクリック。 

これで解凍先のフォルダに必要なファイルが保存された。




インストール方法

⑩仮想マシンの設定でオーディオコントローラーが「SoundBlaster 16」になっていることを確認。
また、「オーディオ出力を有効化」にチェックを入れておく。

以下、NT4.0での作業

⑪上記⑨の解凍先フォルダをNT4.0の適当な場所に保存する。
 ※今回はC:\TEMPの下にNT4SB16DRVフォルダを保存。

⑫マイコンピュータ > コントロールパネル > マルチメディア > 「デバイス」タブを選択。
「マルチメディアドライバ」を選択し「追加」をクリック。

⑬「一覧にない、または更新されたドライバ」を選択し「OK」をクリック。

NT4.0WSのインストールディスクを持っている場合は「Creative Labs Sound Blaster 1.X, Pro, 16」を選択。

⑭「参照」をクリック

上記⑪で保存したフォルダを選択し、「OK」を2回クリック。

入力欄が選択したフォルダに変わっているのを確認し「OK」をクリック。

NT4.0WSのインストールディスクを持っている場合は、ディスクのI386フォルダを選択。

⑮「Creative Sound Blaster 16 or AWE32」を選択し「OK」をクリック。

⑯「I/O Address : 220」のまま「Continue」をクリック。

⑰こちらも特に変更せず、そのまま「OK」をクリック。
 Interrupt : 5
 DMA Channel : 1
 DMA Channel(16-bit) : 5
 MPU401 I/O Address : 330

NT4.0WSのインストールディスクを持っている場合、
MPU401 I/O Address : 無効

⑱再起動すると音が出るようになる。

あとがき

上記インストール方法をSP1とSP6aで試し、どちらもうまくいった。恐らくその間のSP2~6でも同じ方法が使えるだろう。
といっても2004年にサポートが切れた化石のようなOSで、今さらこんなことをする人はほとんどいないだろうけど。