Windows 10 のプロダクトキーを新規発行してもらった話

先月末、Windows 10 Proのライセンス認証をしようとしたが認証されず、自分やMSサポート担当(リモート)がいろいろと試してみても解決せず。結局プロダクトキーの新規発行となった。




顛末

根本原因は分からず終いだったのだが、当該PCのOSインストール、ライセンス認証履歴が複雑なのがまずかったと思われる。
流れとしては、

Windows 7 Home Premium(OEM)

Windows 10 無償アップグレード開始

Windows 10 home(無償アップグレード)

Windows 8.1 Pro(DSP)

Windows 10 Pro(無償アップグレード)

無償アップグレード終了

マザーボード修理

Windows 10 Home(7 Home Premiumのキー使用)

Windows 10 Pro(8.1Proのキー使用)

で、最後の10 Proのライセンス認証ができなかった。
ライセンス認証のトラブルシューティングツールを使用しても

「このデバイスではWindows 10 Proを実行していますが、Windows 10 Homeのデジタルライセンスが見つかりました。
このデジタルライセンスを使用してライセンス認証を行うには、Windows 10 Homeをインストールする必要があります」

と表示され認証不可。

ライセンス認証トラブルシューティング
Windows 10 ProのジェネリックキーVK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66Tを入れてみてもダメ。
これ以上自分ではどうしようもないため、MSのサポート(0120-54-2244)に連絡。
早速上記経緯を説明したところ、「技術部門じゃないと対応できないので、そちらに電話を回します」と言われ、技術の方(以下MS)に対応していただけることとなった。


始めにOSのインストール履歴や使用したライセンスの種類(OEM、DSP)、表示されているエラーコード、今まで試したことなどを事細かく質問された。
電話認証を試していなかったので、それをやってみようという話になり、MSの指示に従い「ファイル名を指定して実行」で「slui 4」を実行すると、電話認証の画面へと進めた。
※電話認証を試していなかった と書いたが、Windows 10 でも電話認証という選択肢があるのを知らなかった。
しかし結局これでもライセンス認証できなかった。

今度はMSがリモートアシスタンスでこちらの端末を操作するとのことで、「msdt」を実行し、MSの指示に従いリモートアシスタンス用コードを入力。
MSがこちらの端末で何をするのか見ていたが、

PC環境の確認
エラーコードの確認
プロダクトキーの削除(slmgr /upk)
8.1 Proのプロダクトキー入力(slmgr /ipk XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX)
ライセンス認証実行(slmgr /ato)
プロダクトキーの削除(slmgr /upk)
ジェネリックキーの入力(slmgr /ipk VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T)
ライセンス認証実行(slmgr /ato)

と、基本的には今までやったのと同じことをやっていた。違いはコマンドプロンプトを使っていたことくらい。

その後、MSが電話を保留して社内で調べもの(?)をしたり、再度作業したりを繰り返していたが、一時間ほど経ったころ「別のプロダクトキーを使う以外に解決方法はない」と言われた。
これを聞いた瞬間「一時間もかけたのに結局解決せず、新しく10 Proを買わなきゃならんのか」とがっかりした。
が、続けてMSが「8.1のキーをベースに新しいプロダクトキーを発行しますのでもう少々お時間をください」と言ってくれたので、非常に助かった。感謝しかない。
10分後、新しいプロダクトキーでライセンス認証を試したところ、当たり前だがあっさりと認証された。

MSのサポートに電話する前は、「新しく10 Proを購入してください」とバッサリ切られるかと思っていたので、プロダクトキーの新規発行までしてくれたことにはたいそう驚いた。

今回の件の対処法になるのか分からないが、今後はライセンスをマイクロソフトアカウントと紐づけておく。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク