Windows10 設定に高速スタートアップと休止状態が表示されない場合の対処法

Windows 10をMay 2019 Update(バージョン1903)に更新後、

コントロールパネル > 電源オプション > 電源ボタンの動作を選択する > シャットダウン設定

にあったはずの

高速スタートアップを有効にする(推奨)
休止状態

が表示されなくなった。

スリープとロックしか表示されていない

1903だとこれがデフォなのかもしれないが、表示されないのは何となく気持ち悪いし、本当に無効になっているか他の方法で確認するのも面倒なので、表示させることにした。
※2019/5/29追記
3台更新し、表示されなくなったのは1台だけだった。ただの不具合。




手順

①コマンドプロンプトを管理者として実行。
 方法はいくつかあるが、下記画像では
 1⃣タスクバーの検索ボックスに「cmd」と入力
 2⃣コマンドプロンプトの横にある右矢印[→]をクリック
 3⃣[管理者として実行]をクリック

②コマンドプロンプト起動後、「powercfg /hibernate on」と入力しEnterキーを押下。
 下記画像のようにキー入力待ちの状態になったら、コマンドプロンプト画面を閉じる。

③Win10を再起動。

④シャットダウン設定を見に行くと、表示されるようになっている。

高速スタートアップを有効にする(推奨)と休止状態 が見えるように




まとめ

高速スタートアップを有効にする(推奨)
休止状態

が表示されなくなった場合、
管理者としてコマンドプロンプトを起動し、「powercfg /hibernate on」を実行。
その後再起動すれば表示される。

ちなみに

高速スタートアップを有効にする(推奨)

と記載しているが、これは画面内の表記に従っているだけで、個人的には決して推奨しない
過去、こいつのせいで 「シャットダウンしたはずのPCが、夜中に勝手に起動する」という怪現象に悩まされたので。

Windows 10にしてから、シャットダウンしたはずなのに勝手に起動することがある… 後述する設定でこれを回避していたのだが、Fall ...