Infineon TPM Professional Packageが原因でWindows 10 Fall Creators Update (バージョン1709)にアップデートできない場合の対処法

※2018/05/1追記
April 2018 Update (バージョン1803)でも同様の問題が発生するが、
下記手順で対応可能。

サブノートとして使用している「ドスパラ Diginnos Note Critea VF-HE2」にFall Creators Updateを適用させようとした際、Infineon TPM Professional Packageが原因でうまくいかなかった。
インストールしていないのにアンインストールを求められてお手上げ状態だったのだが、 最終的にはInfineon TPM Professional Packageのインストーラーを完全に削除することにより解決。




失敗~解決までの流れ

①アップデート開始

②数分後、問題が見つかり修正を促されたため、「問題の修正」をクリック。

③更新の準備をしています

④Infineon TPM Professional Package が原因(アップグレードと互換性がない)。
アンインストールが必要なため、「アンインストールして続行」をクリック。

⑤「これらのアプリをアンインストールできませんでした」と表示され、
自分で削除するよう求められる。

⑥コントロールパネル > プログラムのアンインストール
からアンインストールしようとしたものの、プログラム一覧に表示されない(そもそもインストールされていない)ため、アンインストールできない。

⑦念のためスタートメニューを確認するが、やはりInfineon TPM Professional Packageは存在しない。

⑧ドライバを保管しているフォルダの中で、名前に「TPM」と入っているフォルダを発見。

⑨そのフォルダの中でインストーラー(Infineon TPM Professional Package.msi)を発見したため削除(ゴミ箱へ移動)してみる。

インストーラーがどこに保存されているかわからない場合は、Cドライブで「Infineon」や「TPM」を検索すると引っかかるはず。

※2018/03/13追記
検索方法がわからない場合は、下記ページをご参照ください。
Infineon TPM Professional Packageインストーラーの探し方
※2018/04/15追記
探し方のページに、隠しファイルの表示方法を追加しました。




⑩再びアップグレードを試みるも、状況は変わらず。

⑪ 今度はインストーラーを削除(ゴミ箱へ移動)するのではなく、インストーラーを保存しているフォルダごと完全に削除(フォルダを選択しShift+Del)。

完全に削除してしまうと元に戻せないため、インストーラーを手元に残しておきたい場合は、フォルダをUSBメモリや外付けHDDに逃がしてから削除する。

⑫「情報の更新」をクリック。

⑬アンインストールを促す画面は表示されなくなり、「あともう少しです」と表示される。

⑭Windows Updateのプログレスバーが進むようになる。

⑮プログレスバーが100%になった後、再起動する。

⑯再起動後、
スタートメニュー > 設定 > システム > バージョン情報
にて、念のためバージョン1709になっていることを確認。

以上

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク