Windows 10 April 2018 Update後、地味に困ったこと

Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)適用後、地味に困ったことを随時追加。




標準のメールアプリでメールの送受信ができなくなった

Windows 10 April 2018 Update後、メールアプリで受信できない場合の対処法
で既に記載した通り、プライバシーの設定に追加された内容の変更が必要。
私の環境ではマイクロソフトのメールアドレス(~@outlook.com)だとこの設定が不要だったのだが、MSはわざとそうしているのだろうか。

PowerDVDでDTCP-IP機能のアクティブ化を再度求められた

PowerDVDでDTCP-IP機能をアクティブ化できない場合の対処法
で記載した「DTCP-IP機能のアクティブ化」を再度求められた。プロダクトキーの使用回数が減るので勘弁してほしい。CyberLinkの問題だと思うが、そもそもMSが頻繁に大型アップデートをしなければよいだけ。

Windowsの設定内容が元に戻っている

以前の大型アップデートでも設定が元に戻ってしまうことがあったが、今回もアップデート前に設定していたはずの項目が一部、元に戻っていた。
ちなみに下記記事で記載した「高速スタートアップ」の設定も、また有効に戻っていた。
Windows 10が勝手に起動する場合の対処法

デスクトップにMicrosoft Edgeのショートカットが作成された

プロパティを見たが何の変哲もないショートカット。何か意味があるとは思えない。
邪魔なので削除。

スタートメニューに謎のプログラムが表示される

ms-resource:appDisplayNameという謎のプログラムが表示された。クリックしても何も起きないし、アンインストールもできない。

謎のプログラム

キーボードレイアウト変更後、再起動が必要

Windows 10で英語キーボードを使う方法(コンパクトサイズ含む)
で記載した通り、1803ではサインアウトではなく再起動が必要。
最近のパソコンは再起動にあまり時間がかからないので別に構わないのだが、微妙に面倒になっている。
※参考画像 上:1803 下:1709

レイアウト選択

レイアウト選択1709

Outlookで文字が勝手に入力される

Windows 10 April 2018 Update後、Outlookで文字が勝手に入力される場合の対処法

自社製品の組み合わせで不具合。社内で連携できていないのだろうか。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク