Spectre対応パッチのないCore 2 Duo / Quadマシンをどうするか3

Q9450マシンは子供のおもちゃにすることにした。上の子は1歳にもならない頃からパソコンに興味津々で、私がパソコンを使っていると必ずトラックボールやキーボードをいじりに来る。壊れたキーボードをあげたりしたけど、やはりそれでは満足しない。今まではなるべく実機に触れさせないようにしていたが、4歳になり数字やひらがな、アルファベットをいくらか読めるようになってきたし、ちょうどQ9450マシンの使い道を考えているところだったので、これを機にパソコンを与えることにした。OSをWindows 10にするかLinuxにするかまだ決めかねているが、いずれにしてもHDDだと遅すぎてインストールや設定をしている間に憤死しかねないので、まずはHDDからSSDに換装した。

パッケージ 裏面

買ったのはSamsung MZ-7LN120B。仕事帰りに秋葉原で
「シーケンシャルリード ライト共に500MB/sを超えていて一番安いもの」
を探していたらたまたまこれが該当した。税込み\4,580。
ただ、その場では失念していたのだが、接続するのはP35マザー(SATA2)なので300MB/sが限界。500MB/s超えてるか否かはどうでも良かった…
ちなみにこのSSDは850シリーズだがPROでもEVOでもないらしい。店頭で見かけるまでこんなものがあるのを知らなかった。850無印とでも呼べば良いのだろうか。

SATA2ベンチ
SATA3ベンチ
(上)SATA2でのベンチマーク結果。当然だがシーケンシャルリード ライト共にSATA2の上限に近い。
(下)SATA3でのベンチマーク結果。シーケンシャルリード ライト共にメーカー公表値に近い数字。

これでハードウェア環境は整ったので、次は試しにUbuntuをインストールしてみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク