NETGEAR ReadyNAS RN212 初期設定

※前回の記事

※前回の記事 初期設定のためにパソコンやスマホにソフトをインストールするのが嫌だったので、ウェブブラウザ(Rea...

ようやくRN212の初回起動が終わったので、ReadyCLOUDで初期設定する。ちなみに前回インストールしたJAVAは安全とは言えないため、アンインストールした。

NETGEAR NAS ディスクレス 2ベイ スマホ/タブレット対応 アンチウィルス クラウド対応 ReadyNAS 212 3年保証 RN21200-100AJS




初期設定

ReadyCLOUDにアクセス。右上の[English]をクリックし、[日本語]を選択。

言語選択

②左側「新しいReadyNASのセットアップ」の[開始]をクリック。

新しいReadyNASのセットアップ開始

③中央下の[検出]をクリック。

ReadyNASの検出

④「新しいReadyNASが検出されました。」の[セットアップ]をクリック。

新しいReadyNASが検出されました。

⑤家の外からNASに接続するつもりはないので「オフラインインストール(高度)」を選択し、[次へ]をクリック。

インストールの種類を選択

⑥ユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン]をクリック。
 ユーザー名: admin
 パスワード: password

ログイン画面

⑦[次へ]をクリック。

ようこそ画面

⑧デフォルトで下記画面のようになっている。

 タイムゾーンを[GMT +09:00 Tokyo, Osaka, Sapporo]にしてから[次へ]をクリックする。

  タイムゾーンも自動設定してくれるのかと思ってそのまま進めたが、そうではなかった。

タイムゾーン設定

⑨任意のホスト名を入力し、[次へ]をクリック。

ホスト名入力

⑩ReadyNASで何か問題があった際の警告の送信先(メールアドレス)を設定する。
 各メールプロバイダの設定に従い内容を入力し、[次へ]をクリック。

警告の送信先設定
ちなみにこの画面でGmailを設定したら、googleにログインをブロックされた。

「安全性の低いアプリのアクセス」を許可していなかったのが原因。
初期設定完了後、設定画面にある「googleアカウントでログイン」で設定するとブロックされない。

⑪管理者(ユーザー名:admin)のパスワードを変更する。
 新しいパスワード入力&再入力後、[次へ]をクリック。
 ※現在のパスワードは上記⑥と同じく「password」。

 必要に応じて「パスワードの復元を有効にする」以下も入力。

管理者パスワード設定

⑫設定されたボリュームの構成が表示される。そのまま[次へ]をクリック。

ボリューム構成表示

⑬[適用]をクリックして完了。

完了




感想

前回はNASが検出されず苦労したが、一度検出されてしまえば画面の指示に従って設定を進めていくだけなので非常に楽。
タイムゾーンが自動設定されなかったが、初期設定後に管理者メニューのトップですぐに変更できたので、大きな問題にはならなかった。